格安店と高級店は違いがありすぎる!

彼女もいないからセックスする相手がいない。なので風俗に行くしかないけれども、お金があるわけではない。という男性にとっては格安店というのは救いの神とも言えるかもしれません。
女の子の質は高くないかもしれませんが、その分値段が割安ということならば気軽に利用することができるはずです。しかし、高級店と比べるとどうしても見劣りするのは事実です。

誰でも働けるわけではない

安い風俗店ということになると、女の子を雇うにしても求人で募集をかけて、面接にやってきた人ならば滅多なことがない限りは落とすことがないので間口が広いと言えるでしょう。
しかし、高級店ならば面接にやってきた女の子の所作や言葉遣いを細かくチェックすることにもなるので、ただ可愛いというだけでは審査を通過することができないので、狭き門と言うことができます。

見た目は大事だけど

一日働いただけでも5万円以上稼ぐことも可能と言われているような高級店にはたくさんの女性達が面接して貰いたくてやってくることになるのですが、顔が良くても通過するとは限りません。
何しろ値段が高くなってくると富裕層の男性たちを相手にすることも多くなるので、その分マナー等が求められることになります。いい加減な審査をしてしまっていては店の信用を落とすことになります。

しっかりした子ばかり

格安店だったりすると言葉遣いも乱暴だったり、見た目も汚らしい女の子が多かったりするかもしれませんが、高級店ならばどっからどうみても綺麗なお嬢様という女性ばかりです。
こんなに可愛い女の子たちとエッチなことができるなんて!ということでお客さんに優越感を抱かせることができますし、態度や言葉遣いも良いので気分を良くすることも可能になっています。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP